株式会社石鵬

かぶしきがいしゃ いしほう

対象地域
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 静岡県
対応形態
  • 民営墓地
  • 公営墓地
  • 寺院

霊園の選択から、建立、ご予算の相談まで私たち石鵬グループが全力でサポートします。

  • 墓石店情報
  • 取り扱い霊園
  • 建墓実績
  • 取材情報
  • 100選ブログ
徳原 哲
  • 1
  • 1

株式会社石鵬

代表取締役 徳原 哲 様

お電話でご相談
0120-80-4114

※お問い合わせの際は「"100選"を見た」とお伝えください。

この墓石店へ無料相談

こちらのフォームは一度「日本墓石店100選」の運営事務局に送信されます。お電話でのご連絡がご不安な方は、フォームをご利用くださいませ。

株式会社石鵬
  • 1
  • 1
3つの特長
  • 一、墓石から葬儀まで。仏事は全てお任せ下さい
  • 一、他店ではできない本山墓所への建墓が可能
  • 一、静岡県浜松市など対応エリアも拡充中
理念
私たちは、いつもお客様お一人おひとりの立場になって理解する事から始まります。
それは単にお墓を販売することだけではなく、お客様のご心情、心配事などを
共有させていただき、ソリューション(問題解決策)など、お客様にとって「ベスト」なご提案をさせて頂く為です。
選出ポイント
1)葬儀から墓地・墓石・仏壇・仏具販売と、仏事に関する全てに対応・ご案内が可能
2)他の墓石店では取扱いのない本山墓所への建墓対応が可能
3)静岡県浜松市を中心に霊園開発を進めるなど、対応地域の拡大を促進
4)保証書面が充実
5)基礎工事後の安心の10年保証付き
鎌倉本山墓所をはじめとして、由緒ある古刹・名刹のお寺への出入りができます。おススメ墓所は鎌倉・腰越駅にある満福寺。

鎌倉本山墓所をはじめとして、由緒ある古刹・名刹のお寺への出入りができます。おススメ墓所は鎌倉・腰越駅にある満福寺。

神奈川だけでなく、静岡・浜松や山梨なども対応できます。関東で商圏を拡大し、より多くのお客様のお墓づくりを支えます。

神奈川だけでなく、静岡・浜松や山梨なども対応できます。関東で商圏を拡大し、より多くのお客様のお墓づくりを支えます。

日本最大級の採石地・茨城県の真壁にて工場を構えています。原石から墓石へはここで加工します。

日本最大級の採石地・茨城県の真壁にて工場を構えています。原石から墓石へはここで加工します。

石鵬では基礎工事を大切にします。取材記事でも基礎工事をメインに取り上げております!

石鵬では基礎工事を大切にします。取材記事でも基礎工事をメインに取り上げております!

鎌倉や山梨など、山地であり施工が大変な墓所が多くあります。数名の職人の手で責任を持って施工を手掛けます。

鎌倉や山梨など、山地であり施工が大変な墓所が多くあります。数名の職人の手で責任を持って施工を手掛けます。

お客様ごとに担当の営業がつき、職人さんも非常に気さくでした。

お客様ごとに担当の営業がつき、職人さんも非常に気さくでした。

墓石店情報詳細

名称 株式会社石鵬
代表者名 徳原 哲
事業紹介 墓石、石材販売、墓地、霊園開発、仏壇・仏具販売、葬儀施行、生花事業
設立 平成12年7月7日
従業員数 営業社員:7名 内務社員:3名 常駐パート社員:20名 (2012年7月現在)
本社所在地 〒231-0058
神奈川県横浜市中区弥生町2-17 ストークタワー大通り公園Ⅰ 3F
電話番号/FAX FAX:045-263-3223
営業所 茨城工場 茨城県桜川市真壁町白井593-2
船明展示場 浜松市天竜区船明1322
沿革 平成16年7月7日株式会社に移行
ホームページ http://www.ishiho.co.jp/
墓石店ブログ http://ameblo.jp/ishiho-reien/

本社所在地

この墓石店のホームページへ

記者からの目

中村裕貴

日本墓石店100選
中村裕貴

石鵬さんは基礎工事へのこだわりがとても強く、関東圏で先駆けて、基礎工事に対する10年保証を始められたと伺いました。
最近ではよく、ブラックボックス化し易い部分に対して光を当てるように努めている墓石店さんが多くいらっしゃいますが、石鵬さんの基礎工事の情報発信力には非常に強い意思を感じました。

特に関東では整備されて綺麗な公園のような墓地(民営墓地)が人気がある中で、民営墓地の商圏を広げながらも古都・鎌倉の本山墓所への出入りもあるという、墓石店として手堅い印象があります。
私も腰越にある満福寺さんへ取材に伺いましたが、施工はきっちりを手を抜く事なく行われており、またお墓参りにいらした一般のお客様に対する配慮もしながらの施工をされていて、鎌倉を中心により活躍の場を広げていただきたいと感じております。

TOPへ戻る